ブログトップ
 スタジオクロノブログ
TOP

2008年 05月 30日
職業コンポジッター
僕の仕事のメインポジションのひとつが「コンポジッター」であります。これまでにテレビアニメやNHKやCMの人形アニメ等のコンポジット、いわゆるバレ消しや合成やモーション付けなどをやってきました。どんな職業でもそうかもしれませんが、長くやってますと自分の「手癖」というものが分かってきます。今日は他人の作ったアフターエフェクツのコンポジットの修正を頼まれました。こういう他人の作業を解析するのは面倒臭いなと思う一方で、実は自分の知らない新しい使い方を盗み取るチャンスでもあります。技術的には知っていても、「こういう組み合わせで使うのね」と、ニタリとする瞬間は1クリエイターとして新しい世界が開けて嬉しい時間であります。

用語解説
■バレ消し:画面に映りこんでしまった不適当な要素を消す作業。「消す」と言っても、バレている対象をカラ舞台等を使って描き足す事で隠すという作業。パペットアニメの撮影素材をチェックする時なんかに「このバレ方はないよな~(糸が人形の色んなところを通っていて非常にバレ消しをし難い状況の為)」なんて言ったりします。

バレてるものの例として↓
女優のホクロ。
人形アニメでパペットを吊っている糸。
画面内に誤って映ってしまったケーブル等。

■カラ舞台:撮影対象物と背景を一緒に撮影した場合、全く同じカメラアングルで再び背景のみを撮影する。こうする事で、撮影されたものを吊っている糸をカラ舞台を合成する事で消せるというわけです。(ブルーバックで撮影した素材であってもワイヤー等は残ってしまうので消す作業は発生します)
[PR]
by studio_chrono | 2008-05-30 01:55 | 日誌
<< 自主制作について。 制作日誌を書きます。 >>