ブログトップ
 スタジオクロノブログ
TOP

2008年 07月 22日
【撮影】アンチエイリアスのプラグイン
デジタル環境で線画の2Dアニメを作る場合、
フォトショップやsai等で2値化させたラインで描かれます。
(アナログ環境で動画用紙に書いた場合はスキャン後に2値化)
2値化する理由はペイントの際に
隙間なく色を流し込む為です。
そして、撮影の段階でアンチエイリアスのプラグインを用いて
ジャギった輪郭はスムースになるって訳なんです。

アフターエフェクツで撮影するのであれば、
これまではkoji'sPlugin smoothってのがフリーだったのですが、
今はライセンスを購入しなくちゃならなくなりました。
しかも、このライセンスってのが曲者。
19800円のライセンスを年間で更新しなきゃいけないんです。
個人で使う者にとっては冗談じゃない出費。
もう駄目だ。さようなら、koji。。。

という訳で。他にも良いのがありました。
捨てる神ありゃ、拾う神ありといったとこでしょうか。

PSOFTさんのanti-aliasing

検討しようと思います。


あと、今回の話題には関係ないが、メモとして。

AEのコンポジションでセル素材をコマ打ち式に配置する方法
http://striping2nd.or.tv/sts/

http://homepage2.nifty.com/Nekomata/

http://www.tfm.co.jp/gake/
[PR]
by studio_chrono | 2008-07-22 11:43 | テクニック
<< 【作画テスト】火_001 とことんルパン三世 >>