ブログトップ
 スタジオクロノブログ
TOP

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2008年 09月 26日
最近ゾンビ映画ばかり観てしまうワケ
最近、立て続けにゾンビ映画の類を観てしまう。

→バタリアン
→I AM LEGEND
→ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)
→ゾンビ(アメリカ劇場公開版)
→サイレン
→ランド・オブ・ザ・デッド
あと、霊幻道士シリーズもケッコウ観たが、ゾンビ映画には入らないね。

実はワタクシ、人並みにビビリやし、警戒心も半端ないです。
しかし、観たい映画が最近ゾンビ系なんです。
ホラーじゃないくて。スプラッタでもなくて、ゾンビ。
何故なのか。
自主制作が思うように進まない自分を追い立ててるのだろうか。
生死の狭間を感じて自身を奮い立たせたいのか。
いや、人間側からの視点だけではない。
ゾンビ達が命尽きてもなおこの世に執着を見せるその姿は、
もはや行き場もなく、死肉を求めて徘徊する化け物に過ぎないのだが、
一歩間違えれば自分もソッチに逝ってしまうという危惧を感じているからか。
精神的に「青信号点滅状態」を告げているのでしょうかw
コワイコワイ。

ロメロの映画はかなり緊迫感があり、映画に入り込める。
同じゾンビ系でも「サイレン」なんか、どうにもならない興醒め展開。
もっと前向きに思考を回転させたい。とするなら・・・
質の高い映画によって「命」を感じたい。
生死を賭けたアドレナリン全開の闘いを潜り抜ける事を
映画の中で体験する事で私は生きようとしていた。
だから直感的にゾンビものを選んでいたが、
「クローバーフィールド」でもその感覚は持てた。
「エコール」という映画では、塀に囲われた世界に
閉じ込められた少女達が夢と希望を抱く外の世界への
執着する気持ちが見て取れた時、前向きに生きるチカラを感じた。

まだ見ぬ明日に光を照らしたいと言うのかな、、、、
無論、何もない日常でも明日に向かってしまってるのだが、
今現在、生き死にが懸かってるから、より”LIFE”を味わえるわけな。
だから、怖いんだけども、そういう映画を観るとイキイキとするんです。
そんな感じでゾンビ映画を観る理由を落ち着かせてみた。はい。
よって、質の高い映画であれば、ファンタジーでもアクションでも関係ない筈。
と思う。まあ、直感的に「来る」のはやっぱり、
怖いやつの方がスイッチ入り易いのかもな。


*********************************************
ブログのランキングに参加してますので、
ポチッと↓して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2008-09-26 02:14 | 日誌
2008年 09月 24日
目覚める獅子
作品を作る事ばかり、そればっかり考えていて、技術的向上心や新しい事を学ぶ気持ちがおろそかになっていた。前の会社を辞めて1年半、眠っていたのか自分?と、怖くなってしまった。今、大塚康生先生の「動かす喜び」というDVDを観てる途中でそう思ったのでした。目の前の事に集中しすぎてしまって、あっちにもやる事があるのに、後回しにしてしまっていた。アニメーションそのものの理論や技術、撮影、企画、コンテ、演出、音楽、世界観の構築、レイアウト、あちらこちらに"must"が転がっていて、いつの間にかまかいろんな事を後回しにしてしまっている。これはいかん。勿論、作品は進めなきゃいけない。が、クリエイターとして、人としても成長していきたい。猛烈な飢餓感を持たなければならない。はらぺこ、ハラペコ!!もっとこーーーい!!!

今、大塚先生の話を聞いてる事だけがこういう風に強く思ったキッカケではなくて、昨日友人がくれた電話にもその理由がある。中学からの友人なんですけど。彼が日々の勤めをしながら、長年の目標である職に就く事が叶ったとの連絡だった。毎日の仕事をこなしながら、目標の職へ移る為の勉強をしていたというのだ。寝る時間を惜しんでやったと言っていたが、これは大変な事だと思う。自分も寝る時間を惜しんでと思いつつも、思いつつもだ。ついつい往復3時間の通勤の疲れが溜まって家に帰ってから、「よし、やるぞ」という元気がなかなか沸いてこない。しかし、やるしかないのである。やらなければこのままなのである。あと、嬉しかったのが、学生時代から就職活動中の時にいつも心配を掛けていたからと、自分に早く伝えたいと連絡をくれたこと。嬉しかったし、今度は自分がパワーをもらった。おれは彼に諦めずに頑張れと熱く言い続けたのが、彼は自らの行動で示してくれた。これはもうやるしかない。火がついちゃったな、オイって感じです。ぼーっとしてられんのです。こういう感じで友人の成し遂げた一歩が自分に大きな勇気を与えてくれる経験を何度かしながら頑張ってきたなあって、、、思い起こすと、うん、この10年。そんな気がします。落ち着いてやるべき事も整理してかなあきませんな。
[PR]
by studio_chrono | 2008-09-24 00:05 | 日誌
2008年 09月 08日
クレイアニメーター年収240万
大胆MAPという番組で、あるクレイアニメーター(38歳)の方の年収が240万円と紹介されていた。その人の腕前は良い方だったが、それにしてはちょっと低すぎる気がした。。。休みはなく、不眠不休だとも書いていたから隙間なく仕事をしているか、又は要領が悪いのか。。。ひっかかるのは38歳で240万ってとこね。CMで活躍されてるクレイアニメーターならもうちょっと年収高くても良いと思うけどね。大体、クレイアニメーターってフリーでスタジオを渡り歩いてる方が多いから、手空きになる事もあるからねえ。。。この業界は活躍出来る現場は限られてて狭いので、(NHKやCM等々・・・)いずれにせよつながった人とは仲良くしておかないと干されてしまいます。はい。
[PR]
by studio_chrono | 2008-09-08 23:29 | 日誌
2008年 09月 03日
自宅でコマ撮りアニメが制作出来るおもちゃ 「アニメスタジオ」発売
http://animeanime.jp/news/archives/2008/09/post_522.html

面白い玩具が発売されますね。
「アニメスタジオ」本体には撮影に必要なボタンが付いてるようだ。
撮影台とアーム付きのカメラが備えてあり、
テレビにつなぐだけで簡単にコマ撮りを始めれる。
ここまで本格的なもので安価な商品は初めてかも。

これまでの既出の商品であれば、
プロ仕様のランチボックスか、
(50万円もするのですよ。。。)
パソコンソフトでは、クレイタウンってのもあるが、
(クレイタウンは別途カメラが必要)
アニメスタジオは自宅にテレビがあればそれだけでOKなのだ。
ああ、なるほど。発売元の株式会社アガツマさん
子供用の小麦ねんども販売しているのですね。
子供達にコマ撮りアニメのワークショップをする時には
よくこういった安全で安価な小麦ねんどを使うんです。
ただ、すぐボロボロになるので使い捨てになりますが。
ねんどがあるんだったら、コマ撮りツールもあっても良いじゃないか、
なんてアイデアが出たのかもしれませんね。

うん、これいいですねえ。
動画用紙に作画する人であれば、
楽に動きのチェックが出来るじゃないですか。
1コマ単位、30f・24fの設定が出来るかは怪しいですが。。。

以下、商品情報。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アニメスタジオ 
発売日: 今秋予定
価格: 15750円(税込)
仕様: アルカリ単3乾電池3本使用(別売り)
アマゾンならちょっと安いぞ!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ブログのランキングに参加してますので、
ポチッと↓して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
[PR]
by studio_chrono | 2008-09-03 09:58 | 紹介
2008年 09月 02日
木村カエラのPVを作るコンペ
最近、コンペ情報等、アンテナが張れてませんでした。ちょっと気になって、最近はどんなコンペがあるのかサイトの波を漂ってましたら、面白いのを見つけました。

eMVT vol.1木村カエラ「ファミレド」
http://eyevio.jp/ent/eMVT/

プロフォトグラファーと広告クリエイターのための専門誌「コマーシャル・フォト」とデジタル映像活用術の情報誌「ビデオSALON」、「eyeVio」が連携したユーザー参加型ミュージックビデオコンテストです。その名も「eyeVio Music Video Tryout (eMVT)」幅広い層のeyeVioユーザーから次世代を担う映像クリエイターを発掘する新たな試みとして、第一弾の今回は音楽提供者に「木村カエラ」を迎え、堂々の開催!!

締め切りが9/15に迫ってます。というか、応募作品が新着順で公開されてますが、、、、ん~・・・・これは厳しい。。。アップされてるものを見れば分かります。あっ、、しかも課題曲の無料ダウンロードが終わってるしwこれから応募する人はCDを買いなさいッテ訳かwPVってのは考え方の一つとして、「1ネタあれば行ける!」って僕は考えてます。色々とやりたい事を詰め込むよりは1アイデア良いのが主張出来れば、そのPVは観る者の心に残ると思ってます。さあ、映像の神様が舞い降りてきてくれたら、、、、出品します。審査委員に僕の大学の先輩の島田大介氏がいるので出来れば出したいなあ。。

*********************************************
ブログのランキングに参加してますので、
ポチッと↓して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2008-09-02 13:21 | 紹介
2008年 09月 01日
オタワ国際アニメーションフェスにノミネートされました
ニュースでも情報が出ているのでご報告します。

只今、第65回ベネチア国際映画祭が盛り上がっておりますね。ポニョ、スカイクロラ、アキレスと亀、日本の作品が海外でどう見られるのか注目しております。おっきな映画祭の最中、短編アニメも熱いです。4大国際アニメーションフェス、オタワ国際アニメーションフェスティバル、キター!!!!

僕が制作参加させて頂いた、伊藤有壱監督の『不思議の国のミミ』というCM作品がノミネートとなりました。このコンペでは以前自分が参加させて頂いた「ノラビッツミニッツ」から数えて3年連続のノミネートとなり、大変光栄に思います。

以下、ニュースの引用になります。
************************************************
9月17日から5日間カナダで開催されるオタワ国際アニメーションフェスティバルのノミネート作品が発表された。今年は70の国と地域から2150の応募作品が寄せられた。そのうち101作品が本選に進む短編部門では、国内からは7作品が選出されている。
日本のノミネート作品は以下のとおり。
山村浩二氏『こどもの形而上学』
水江未来氏の『LOST UTOPIA』
木村卓氏の『KUDAN』
加藤久仁生氏の『つみきのいえ』
新海誠氏の『猫の集会』
伊藤有壱氏の『ブルブルくんダンス』と『不思議の国のミミ』
************************************************
錚々たるメンバーでございますね(汗。。
ちなみに『ブルブルくんダンス』はブルーベリーアイというサプリメント食品のCMで、『不思議の国のミミ』は西松屋(ベビー用品店)のCMです。
西松屋のCMはこちらのサイトでご覧頂けます。→こちら
(画質はよくありませんが。。。)

いやはや、こうやって自分の関わらせて頂いた作品が評価される事は大変な励みとなりますし、自分の制作中の作品の大きな自信となります。コンペの審査の結果はこれはそのときに吹く風というか、勢いもありますからね。自分の考え方としては一等賞という記録がつくよりは、ひとりでも多くの心に残り、生活にチカラを与える作品を作りたいと思う。

オタワ国際アニメーションフェスティバル http://ottawa.awn.com/

ブログランキングに参加してますので
ポチッと↓押して下さると励みになります◎
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
[PR]
by studio_chrono | 2008-09-01 12:41 | 日誌