ブログトップ
 スタジオクロノブログ
TOP

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2009年 03月 28日
ルパンvsコナン
いかがでしたでしょうか?
金曜ドードショー枠のTVスペシャル
ルパンvsコナン

基本、絵はキレイでしたねえ。
作画、アニメート周りはあまり目が配れてなかった。。
それより目にあまるのは低レベルな演出。
なんで、あんなに説明的なことすんだかねw
具体的には字幕を入れたり。
台詞もまー、蛇足な感じが多い気がしたなあ。

昨今のルパンスペシャルは、
もはや苦行の様な時間を味わされており、
30分が2時間にも感じていたが、
今回のルパンコナンはまあ、それなりに、、、
それなりにですよ、それなりに見れた。

なんだかなあ。
「これやっとけば、お前ら、万々歳で大喜びなんだろ?あん?」
的なネタが鼻についた。

ラストなんて、カリオストロに喧嘩売ってるようなもんじゃねーのw?
まーまー、、、ざんねんだねえ。。。

*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-03-28 01:43 | レビュー
2009年 03月 24日
ルパンとエストニアアニメとAnimations勉強会
本日はみっちり観賞スケジュールを敢行。
午前中に家を出る。
まずは1本目、渋谷シネマ・アンジェリカ。
「ルパン三世」1st.TVシリーズを観賞。
テレビで観る筈のものを劇場のスクリーンで観るのは不思議な感じだ。

そして、ルパンを観終わったその足で休む事無く、阿佐ヶ谷へ移動。
ラピュタアニメーションフェスティバルの
エストニアの人形アニメーション特集を観賞。
短編をいくつか観ましたが、日本語字幕が出たり、出なかったり。
んー、言葉が分からないので、異国の知らない言葉の響きは
BGMと化し、心地よい眠りの世界へwおっと。。
丁寧なアニメート、心の篭った動きは鳥肌ものです。
タイトル忘れたけど、兵隊の玩具の話、
あれのアニメートは気味が悪い程にイキイキとしていたw
政治の話とかは置いといて、まーアニメートは全般的に素晴らしかった。
だからと言って、印象に強く残ったものがない。
物語に興味がないというか、あっそって感じ。。

そして、阿佐ヶ谷→高円寺→野方まで歩いて・・・
夜は山村浩二さんが立ち上げたAnimationsという
アニメーションの創作と評論の為の団体のイベント、
その勉強会に参加。
http://www.animations-cc.net/
今回は16mmフィルムでの上映で色々な作品が観れた。
山村さんの初期の作品も観れたのは貴重であった。
トークセッションについてはやや時間が足りなかった感がありました。
アニメーションを個人で制作していく環境、発表の場、
どうやって短編アニメを一般に認知してもらうか等の問題が挙がる。

本日、3つの上映を観て。
やっぱりルパンが一番おもろかったよw
エンタメ性と限られた制約の中で工夫された作画の魅力。
日本のアニメーションは苦しみながら育ってきたんだ。

なんか、読み解くように観賞しなければならない短編アニメーションの類に
やや呆れているというか、観るのに疲れるからめんどくさい、今日この頃であるw
目を血走らせて、食い入るようにして作家の言いたい事を
掬い取ろうとするような観るやり方に疲れるのです。。

アートアニメーションという言い方は僕は好きではないが、
この手のアニメーションは要するにはエンタメ性が欠けた演出で
作家の身勝手な言い分でシークエンスが積み重なるので、
観客にとっては随分と補完しながら観る作業がしんどいのである。
勿論、有無を言わさない圧倒的な表現は感覚的に面白かったり、
美しく思ったり、感動するのですが、どうやら物語があるのに
伝わり難い構成が多いのは問題です。

色んなタイプの作家が当然いてよろしいのでしょうけど、
難解な作品は観る人を限定させてしまうし、
伝わらない作品は残っていきにくいでしょう。
例えば、難解であってもキャラや世界観の魅力がある、
エヴァンゲリオンなんかであれば頭をひねって観賞して、
物語を読み解く価値が見出せるとすると、
とっても大事なテーマを持っていたとしても、
目に留まらなければ、観た後に心に映像の残像が残らなければ意味がない。
*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-03-24 04:21 | レビュー
2009年 03月 12日
ドラゴンボール エボリューション
さてさて、もう、皆さんのお耳にも届き始めている事でしょう。
実写版ドラゴンボールのあまりのお粗末さに!!

試写会が限られた関係者だけだったんですっけ?
試写会が少ない、又は公開までシークレットにする
映画は2パターンの分け方が出来る。
ネタバレを避けて、期待感を煽る作品。
もうひとつは、折角の前評判があるのに
試写会をする事で明らかに評価を下げてしまい、
劇場公開するまで、出来るだけ隠し通したい作品。

ドラゴンボールは、さあ、どちらなのでしょうか。
僕はこの作品、少なくとも劇場で観ません。
*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-03-12 08:04 | レビュー
2009年 03月 04日
ドラゴンボール改
http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_kai/

もう観ないだろうけど、、、、
やるなら始めからやるべきでしょう。
「改」でも「新」でもなんでもいいんやけども・・・
*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-03-04 10:47 | 紹介
2009年 03月 03日
スタジオたけぼーきのご紹介
http://zoome.jp/torayanet/diary/1/
こちらの予告編をご覧下さい。

テレビアニメの制作会社時代の戦友である
スタジオたけぼーきのkumaくんが制作中のアニメ、
「サトリ」のご紹介です。

これは自主制作アニメーションです。
作画への拘りが熱気となって伝わってきます。
作画はほぼ監督であるkuma氏が手掛け、
撮影、音楽等の専門職は
しっかりプロの仲間を引き込み、
自主制作で陥りがちな独りよがりな
表現になってしまうというハードルをクリアしてます。

僕も彼と同じ考えですが、
何でも一人でやる事が良いと思ってません。
自分の最高の演出を実現する為には
必ずしも己のチカラだけで乗り越える事がベストだと思いません。
ユニットで少人数精鋭でやる事がこれからの
アニメの制作スタイルの肝となってきそうです。

一人の天才作家に一人で太刀打ちできないなら、
徒党を組めばいい。

あと、この作品に僕も撮影でお手伝いさせてもらう予定です。
僕が出しゃばらなくても、立派な撮影マンがいらっしゃるので
手伝ってもちょびっとかもしれませんがw
なぜか、予告篇のサイトには自分がアドバイザーになってますが、
何にも僕はそんな、何でもないんです。
テスト動画を見ながら横からチャチャ入れてただけですから。。。

そして、自分の作品でもkumaくんに
作画でご協力してもらいたいので相談中です。
こっちはガッツリお手伝い頂きたいw
兎に角、周りの仲間が元気なのは嬉しいし、
頑張らなきゃと良い影響になります。
*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-03-03 09:56 | 紹介