ブログトップ
 スタジオクロノブログ
TOP

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2009年 05月 31日
DVD発売!「なめんなよ なめ猫THE MOVIE」
e0129054_4293061.jpg

あの懐かしい「なめ猫」がアニメーションで帰ってきました!
全8話で、各ストーリー3分くらいで見やすい内容になってます。
手法は切り絵アニメーション。ひとクセある世界観がたまんね~!
スタジオクロノは第8話、最終回を制作担当させて頂きました。
相方が写真素材をせっせと切り抜き、
僕がAfter Effectsで組み上げました。
演出を1から任せて頂けたので遣り甲斐がありました。
絵コンテからアニメの実制作までやらせてもらってます。

総監督はSugarless Factory.LLPの武藤健司さん。
6/1にセブンイレブンで1,980円 (税込) 限定発売です。
夜露死苦♪

お買い求めはコチラ→セブンアンドワイ
             →セブン-イレブンネット

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
blogランキングに参加してます。
↓ポチっと押して頂けると励みになります◎

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-31 04:36 | 紹介
2009年 05月 30日
私にとってアニメーションは天職ではない。(再アップ)
このタイトルのエントリーの日記を一度消したけど、
もう一度書き直して、再度アップしました。


今敏監督のブログで「JAniCAシンポジウム2009」での
アンケートの結果やその感想が綴られてるのを読んだ。
今監督のブログ「時給298円」

監督のここ数日の日記を読んで、
ぽろぽろと涙が出てくる人もいれば、
「まあ、そんなもんかね」って人もいれば、
「え!なんだ・・・この世界は。」と、ポカーンとする人もいましょう。

アニメ業界はとても大変なところってのは
ちょっとしたアニメファンであれば耳にする話。
しかし、その実態はやはり経験なしには語れないし、
平均的な数字を見てもピンと来ない話である。

過酷な労働環境と思うかどうかは、その人次第なのである。
絵を描く事が大好きな人にとってはこんな幸せな仕事はない。
つまり、趣味の延長にあるので楽しくてしょうがないのだ。
だから休みがなくったって苦に思わない人もいる。
一週間会社に泊まり続けて風呂にも入らず、
アニメと言う魔物にとり憑かれて机に噛り付く。
ずっと未婚でも友達付き合いがなくても、むしろ、
絵を描く事に集中できて良いとさえ思う人もいるかもしれない。
とても極端な言い方をしているように思うが、まんざらでもないんです。
まあ、にわかには信じられない光景がここにはあるんです。。
そういう人の多くが業界を牽引してくれている。という見方も出来る。
その結果が世界に誇れるクオリティを産んでいる。

で、絵を描く事=楽しい事で、呼吸をする事くらいに思わないまでも、
向上心があって、アニメを仕事にしてる人も沢山いるわけだ。
まあ、先に述べたのが天才としたら、その天才の後を追う秀才がいる。
どちらにせよ、かなりストイックな者達が支えている世界だと思う。
アニメに限らずクリエイティブな業界はこういう感じなのが多いんだろう。
アニメーターも長くやっていれば、原画から作画監督へとなり、
贅沢は出来ないまでも食っていくには問題ないくらいにもなれるしなあ。

かと言って、アニメーターという職業に関して言うと、
彼らはとても好奇心旺盛でよくモノを観察する達人でもある。
なので、絵を描く事以外にも多くの趣味を持っている人もいる。
割とアウトドアな趣味、身体を動かす事が好きな人が多い感じがする。
そう、サイクリング好きな人が多いみたいですね。
絵が上手いってことで大変器用なので、
他の職業でも食っていけるぜ!
ということで、サクッと転職する人も少なくない。

自分の場合は少なくとも上記の人種ではない(笑。
絵のレベルは人並み以下だし、不器用である。
役職としては撮影というデジタル上での合成(コンポジット)の仕事が
自分にとって向いていて、なんとか板に付いてくれた感じである。
最近は自分の技術が上がってくる程に自信もなくなってくる。
たぶん、覚え始めの頃の様な進化のスピードがなくなり、
さらに上の技術者の凄さが見えてきたからかな。
ここで心を折る事なく、一つずつ階段を昇っていくんだ。
職人としては踏ん張りどころだ。
天才や秀才でないと自分で否定して切り捨ててしまうのは勿体無い。
まあ、ラッキーというか偶然が折り重なるか、
または仲間と徒党を組んで協力した時に
天才や秀才の作り出すモノを超えるかもしれんという可能性は
あると思っているから自分の出来る努力は諦めてはいけないと思う。

で、話を「過酷~」のくだりに戻すと、
自分の場合は仕事ばかりだと息が詰まってしまう。
仕事として実現したい目標や獲得したいスキルはある。
でも、やっぱり家族の時間は確保したいし、
休みをとってリフレッシュもしたいし、ぼーっとする時間もほしいw
そんな人はあんまり、アニメ業界には向いてないようだ(笑。
週休2日を望むなら他の職へあたってくれというわけだ。
でも、オレは出来ればこっちに居たいんだよ!って言う
とても面倒くさい奴は問題の種であり、職場の士気も乱しかねない。
もし、体制を変えたければ自分で起業すればいい。
結局、少ない休みを希望に我慢をして仕事に励むのだw

あと、アニメ業界自体が自分の求める「アニメ」ではないのかもしれない。
業界を見回すと、大体、オタクな視点の閉じ篭った
マニアックな世界観を作っている。
僕が好きだった世界名作劇場などの
心のあったまる子供の為の話が減っているね。
だから今はそれに近いアート系や短編アニメの方で仕事をしている。
これについての詳細はまた別の日記でエントリーしようと思う。

そんなジレンマの渦の中、パチンコ業界へ流れ着く人もいれば、
普通の仕事をしながら自主制作をする人もいる。
実家に居座って、フリーのアニメーターで、
仕事をセーブして気ままにやるって手もあるね。
まーまー、要するに「マジ、パネェ!んすよ」この仕事wってわけだ。
半端な意気込みで舐めてかかると迷惑なんだ。
命を懸けてもらわないと困るんだよ。ほんとに寿命を削ってね。
嗚呼、そして、今日も誰かがアニメ業界を去っていく。。

ほんで、自分はどうしたらいいのかなっと、
ずっと考えて色々と仕事の形態を試してますが、
なかなか良い答えが出ないです。
私にとってアニメーションは天職ではない。
という日記の題を付けるのはいいんだけど、
じゃあ、仕事にどう向き合うべきかノーアイデアではいけない。
「不器用だもの」と言って、もがきながらアニメ作ってくしかないなあっと、
こういう状況も楽しみながらやってくのもありかもしれない。

なんかね、方法はあると思う。
別の関係ない仕事をしながら、
例えば、相方と喫茶店を営みつつとかで(笑、
フリーランスで仲間とアニメを作っていくとか。
沖縄で自給自足の生活もありか!?w、なんて。
まー選択肢は沢山あるって事は思っておいた方がいい。
上記にはない今、考えているビジョンがあるが、
自主制作も進めつつ、それもこれも「出たとこ勝負」なもんだしね。
まーまー、とりあえずは食っていけるだけ稼げたらいい。
嫌な事はやりたくない。(努力や苦行を嫌ってるという意味ではない)
貧乏でも面白い事をやっていけたらというのが基本である。

*********************************************
ランキングUPポチっと応援、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-30 23:06 | 日誌
2009年 05月 29日
映画『チョコレート・ファイター』予告編
http://www.chocolatefighter.com/
何故だか予告編でジーンとしてしまう。
闘う少女が可憐であり、
貫かれた信念が闘う事で伝わってくる。
ナウシカやもののけ姫サンもそうだ。
ジャンヌダルクもそうね。
闘う少女は美しい。



*********************************************
ランキングUPポチっと応援、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-29 16:08 | 紹介
2009年 05月 26日
【作画】線の勢い【キャラクター】
キャラクター設定の為に作画をしつつ思ったこと。

一生懸命、身体のバランスをデッサン人形を使って確かめたり、
補助線を引きつつ、慎重にどこに線が必要か探ってても、
引いた線に勢いがないというか、恐々と引いた線は見苦しい。
そういう線はイキイキとしてなくて、キャラもマネキンの様に硬い感じ。
少々、バランスが崩れても、恐れることなくイキイキとした
生きた線をビシ~っと引いた方がキャラに生命感が出てくる。
ビシーっと、バシーっと、勇気を持って線を引きたいセ!

*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-26 03:16 | テクニック
2009年 05月 22日
pixiv見てると・・・
pixivをね、ぼーっと見てると・・・
みんなウメェ~なあ、、、とうなだれて、消えてなくなりたくなってくる(笑。
いや、まあ、勿論プロの方も沢山いるんでしょうけど。
ええ、ええ。絵なんて描いただけ上手くなるもんです。
ある程度はね。
おっそろしい描写力で圧倒する絵もありますねえ。
一方、ラインも少なく、サラっとアニメ塗りで構図もシンプルだけど、
上手くて印象に残る絵だなあというのもある。
自分は映像を作る人なので、やはり、一枚絵というよりは
画面の中に時の流れがあるかどうかが気になります。
例えば、背景があるなら、空気感があるか。
キャラクターに生命感があるか?とかとか。
髪の毛、ペタっと描くよりは
少し風に吹かれてるくらいにするだけでも
キャラがイキイキとしたりしますわね。

自分は絵描きとして食ってるわけではないけど、
監督として絵コンテやレイアウトを切ったりするので
そういう意味では最低限、人に伝わる絵(画)を描けなきゃと思ってます。

こんな本を参考に勉強してたりします。
他に何か良いのあったら、教えてください◎

■やさしい人物画
■パース!―マンガでわかる遠近法
■SAIですぐできる!スーパーペイントテクニック (100%ムックシリーズ)
■民族衣装 (マールカラー文庫 (1))
■世界装飾図 (マールカラー文庫 (2))


*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-22 15:47 | 日誌
2009年 05月 18日
子供にとってのアニメやゲーム【松永暢史】
松永暢史という人の講演を聴きました。
松永さんは教育環境設定コンサルタント。
能力開発インストラクター。という事で、
要するに勉強できない子を
勉強できる子にしてくれる仕事をしてる人。

松永暢史の教育批評と芸術逍遥というブログもやっている↓
http://blog.livedoor.jp/vnetkyouikusoudanjimusho/

松永さんの話を聴いて、是非とも彼の著作も読もうと思っている。
彼の考え方はなるほど、実績をともなった「メソッド」の基に展開されている。
ただ、アニメやゲームへの考え方が極端であり、
クリエイターとしての自分にはややカチンと来るものがあった。
どういう事かというと、まず松永さんはテレビを家に置いてないらしい。
そこまではいい。そしてすべてのゲームは18禁にすべき、
つまり、18歳になるまではゲームはするべきではないというのです。
彼のある日の日記にはこう書いてある。
2009年05月05日23:21 DS教育
から引用します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++
任天堂は、ニンテンドーDSを小学生に一台ずつ普及させ、教師と生徒との直接のやり取りを可能にして、教員と生徒のコミュニケーションを高める事業を展開するそうだ。
私は「コンピューターゲームを18禁にせよ」と、「冗談」で主張するものである。
やっぱマズいって。バーチャルな電気的情報に子どもが周囲の声も耳に入らないぐらい熱中し過ぎるのは。任天堂が次にするべきことは焚火教育ダベさ。それからサイコロ学習とカタカムナ音読法のスポンサーになることダベさ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
たぶん、「冗談」でというのはまあ、
本気でないという意味なのでしょうけど、
半分諦めてるから「冗談」と言っているのかな。。
いや、でも聞き捨てならないわけですよ。
こちとら、アニメに命を掛けて作ってるんだ。

で、要するに何故アニメやゲーム、果てはテレビまでを
子供から排除してしまう方がいいかというと、
家庭や教育の現場までの話におよんでしまうのですね。
なぜ、ゲームやアニメの世界が子供たちにとって
一番リアルに感じて、そして説得力をもつものとなったのか?
簡単な話で、親や先生、周りの大人に説得力がなくなったからです。
外で遊ばせて、泥んこまみれになって遊ばせなくなったからです。
子供の選択肢を奪って、塾へ閉じ込めてしまったからです。
子供の自主性の芽を摘み取り、妥当な道しか選ばせなくなったからです。

かなり、決め打ちした言い方で極端かもしれないが、
自分の育った環境も思い返してそんな印象が強いからです。
危ない遊び、怪我をさせるようなことをさせなくなったでしょ。
まだ、僕ら30歳前後の世代は都会育ちでも、
かろうじて、外で野球したり、池にザリガニを取ったりした。
が、最近の子は逆に田舎の方が変質者が多かったりの理由で
あんまり外で遊ばせたりしなくなってしまっているという統計もあるらしい。
学校のPTAはお母さんが多いから、元気な男の子にとっては
分の悪い意見が多いんですよ。だから、危険分子は排除される。
そして、子供達は大人が用意したものだけでは窮屈を感じてしまうし、
少しでも勉強と関係ない事は「無駄」として取り合ってくれない。
挙句には、子供の相談役としての大人の役割さえも放棄した。
その結果、リアルを与えてくれるのはアニメやゲームとなる。
漫画やアニメが子供の心に現実を伴わないのに説得力を持たせる。
そういう奇妙な状態ではマズイと思います。
現実で追体験を欲しないままであっちの世界に居座ってはいけない。
ゲームやアニメを観る事自体が悪いのではないんです。
ちゃんと、現実世界を実感していて、ゲームやアニメがあるんです。
ゲームやアニメ、ドラマ、小説の世界は刺激的で好奇心をあおられます。
そこでのバーチャルな体験で完結してしまってはいかんのです。
そこで観て読んで聴いたことからさらに興味、探求する欲求を持って
現実世界へ追体験してやろうという気持ちに
させてやるのは家庭にいる親の仕事です。
現実世界に戻っても延々と五月蝿く勉強しろだの、
何かと大人のストレスのはけ口にされるような
子供にとって、娯楽メディアは本当にオアシスになる。
それを奪と言う限りは、ね。松永さん。でしょ?無理でしょ。
親がノーアイデアで子供に何でも与えてしまう境遇になってしまってる。
その中にゲームも含まれていて、子供はバーチャルから抜け出せない。
そうなってしまうのであれば、いっそのこと娯楽メディア排除してしまうべきだ
ということを松永さんは考えているのではないかな。
彼はそう危惧して言ってるんだと思います。
ただ、子供のリアルな体験の機会を奪ってしまう根っこは深い。。
大人達がリアルの大切さを忘れてしまってるのだから。。。
難しい問題です。
だから松永さんは「冗談」というまでに留めているのだろうか。

要するに、キーワードはちゃんと「現実世界のリアル」を知る事です。
この考え方は宮崎駿もずっと言ってることですね。
子供時代に土の感触や痛みの経験とか、ナイフをつかったり、火を使ったり、
割と大人が危険だと排除してしまうものにこそ、貴重な経験になるのですね。
いやー、普通に子育てするのが難しい時代になっちゃたんですね。
自分の番が回ってきた時は覚悟して取り組みたい。

ちなみに松永さんの本も紹介しておきましょう。
別に彼に反感は持ってないんです。むしろ凄い人だと思う。
焚き火教育なんてのは素敵なアイデアと思う。
ゲームの事に関してはちょい僕らクリエイターとして
引っかかった言い方だったので今回ブログで食いついてみました。

「男の子がわからない」ママのための31のアドバイス
ひとりっ子を伸ばす母親、ダメにする母親
親がお手伝いをさせた子どもは、絶対に頭がよくなる!
男の子はもっと遊ばせろ!―わが子を賢く育てる松永式育児本
女の子を伸ばす母親は、ここが違う!
男の子を伸ばす母親は、ここが違う!

*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-18 20:40 | 日誌
2009年 05月 13日
スタッフを募集してみて。
スタッフを募集してみて、有難いことに何人かの方から
お問い合わせを頂いて、対応しているところです。
しかし、アニメーターさんからの募集がないw
声優さんや役者さんってのは貪欲というか、
とても社交的で外に向けて活発にアピールしてきますね。
来るメールひとつひとつに情熱が感じられます。
うん、アニメーターさんのお問い合わせは気長に待つとしよう。

問い合わせメールが来て感じているのは
自主制作といは言え、スタッフさんを抱えるという
責任を感じざるを得ません。
彼等は自分の作品に共感して
参加してくれようとしているんだと思うと、
これはまた別のモチベーションが湧き上がってきます。
やはり、何か自分を追い込むことが必要なようです。
さてさて、香盤とキャラ設定、エフェクトテスト等々、進めています。
*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-13 08:31 | 日誌
2009年 05月 13日
ポニョ DVD 限定版
制作中心の生活となると、なかなか話題の作品やチェックしたい作品を見逃してしまってます。DVDで揃えておきたい作品のメモをのこしてみたり。。

崖の上のポニョ 特別保存版 (初回限定) [DVD]
これは凄いなあw
●『崖の上のポニョ』(DVD2枚組)
●『ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~』(DVD5枚組)
●『久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~』(DVD2枚組)
の3タイトルセット!!!

「ポニョはこうして生まれた」が752 分だとw!?
参ったな~。買うしかないかw

勿論、ひとつずつでも売ってますからね。
崖の上のポニョ [DVD]

ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~ [DVD]

久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ [DVD]

ああ、そしてジブリもとうとうブルーレイ化していくのだ!!!
ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~ [Blu-ray]

オタク心としては揃えておきたくなる、ジブリ作品たち・・・w

*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-13 08:10 | 紹介
2009年 05月 02日
鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 九十九の言葉 [DVD]
予約が始まってますね。(↓リンクです)

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 九十九の言葉 [DVD]

このラジオ、ポッドキャストでずっと聴いてきました。
アニメの業務に関係なく、社会に出て仕事している人にとって、
身の引き締まる言葉の数々、聴いていて思わず背筋が伸びる、
姿勢を正してしまう思いになる有難いお言葉の数々が聴けます。
1クリエイターとして聴くもよし。
1社会人と聴くとしてもよし。
あなたはどんな立場で鈴木さんのお言葉を受け止めますでしょうか?
ちなみに、このDVD。
元がラジオなので、DVDだけど、映像はないそうですw

*********************************************
他のアニメ関連のブログへはこちら↓
ポチッとランキングUPしつつ、ブログ村へGO!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ
*********************************************
[PR]
by studio_chrono | 2009-05-02 05:45 | 紹介